そんなときは無心に穴でも掘ってみる

f:id:lilyhorse:20181025150554j:image

 

畑作業をしていると、あっという間に時間が過ぎる感覚があります。夢中になってる…って言うより〝無心〟。

 

畑で無心になって、我がない状態というのは大変心地よいし、からだがいつも以上によく動くのもとても爽快です。今日みたいに晴天の太陽の元、太陽の光を浴びながら、風を感じ、土に触れ、植物の匂いを嗅いでいると最高に幸せですね^_^✨

あたまが空っぽになって、おなかの辺りに意識があることにも気づきます。

 

 

人はどうしたって思考してしまう生きものだから、脳に疲労が蓄積されやすい。考えすぎたりして脳に疲労がたまると、身心にどんな影響を及ぼすかは…ここに書き出さなくても検索すると情報いっぱいでてきます。その特性を理解し、脳の疲労を甘いもので解消したり買い物して解消する…のではなく、ときには無意味に草を抜いたり穴を掘ったりして無心になり、地球にうけとめてもらう時間や場所を持つ!…なんていう選択肢は健全でいいかもしれません^ ^

ここちよくからだを動かすと、よい睡眠もとれます。ぜひ体験してみてください〜。

 

 

(掘った穴は埋めましょう〜◎)

 

 

studio lily