ブミセハット助産院

f:id:lilyhorse:20180920001944j:image

 

バリの、

ウブドのニュークニンという村に、 たまたま訪れ 、なんとなく 引き寄せられた先にあったのは… bumi sehat(ブミセハット)という、 助産院でした。そこは、 どんな人でも、どんな宗教の人でも、 どんな病気の人でも、24時間365日 無料で医療サービスを受けられる… という、素晴らしい活動をされている 助産院。

 

セラピストのお仕事をはじめて…、 バーストラウマ(出生時における心の傷) の癒しが、いかに重要かと 感じている矢先だったので、 この助産院が行なっている活動がやあり方に感動しました。


〝救える命は救う〟 〝すべての命は尊い
という思いを活動の原点に、 ロビン・リムさんという女性が創設された 助産院だそうです。
…胎児期、誕生、幼少期の体験と記憶は、 その人の一生にどのように影響するのでしょう? 健康的な母子を育むことは、 健全な家庭、社会、国を作っていくことに つながるため…、、 今、お産のあり方は日本でも見直され、 呼び掛けをしている方も増えていると感じています。


いのちは一人の女性から生まれ続いてきました。


この当たり前のように続いてきている奇跡を、 もっと愛おしむ感性を育む教育も、今後もっと必要だとも感じています。日本にもこんな素晴らしい助産院ができたら、 助かる人がたくさんいるだろうな^ ^

 

 

 studio lily