新しい学びの場

f:id:lilyhorse:20180919232745j:image

わたしは今、愛知県扶桑町にあるbio Garden withという場所で、小学校高学年くらいの子が学ぶような、食物連鎖光合成やいきものこと…などなど、様々なことを学ばせてもらっています。

その学びの中で最近、なんどもわたしの中にリフレインしてくる言葉がありました。かなり深くに刻まれたのでしょう…笑)、、、

 

それは、自然界ではわたしたちニンゲンは、永遠に〝消費者〟だという言葉。

自然界で唯一の「生産者」である、植物たちがつくりだす有機物によって、日々を生きているというのが、ニンゲンの〝現実だ〟という事実。植物以外のいきものたちは、自分で有機物をつくりだすことができないので、みんな植物にお世話になっている……

 

という、、

あたりまえのようで忘れやすい現実。植物は何もいわないので、ついつい感謝を忘れやすいです。

 

はるかはるか昔から、ずーっとお世話になってきたのに、その歴史もわたしは知らない。。。。人間社会の中だけで生きすぎて、こんな大切なことを忘れて日々を過ごしていたら……自分が何者なのかわからない…って言ってる人が増えても、そりゃおかしくないなーと思うのです。

 

 

 


何をするにも、自分の地球での立ち位置を確認することからだなーとしみじみ思います。

 

 

 

studio lily