ちからをぬく


満月、エネルギー強かったですねー。
(えー今も…ですが。。)

わたしは、昨晩、
終わらせたはずの過去の思いが浮上して、

あーーー(´Д` )


またこの感情かーーってなって。
自分の中のもやもやと向き合ってました。



人は、
何かしら苦しいことがあると、
他者や、外側で起きることのせいに
してしまいがちです。


自分は傷つけられた
自分は何も悪くないのに
自分は被害者で、
相手は加害者だ〜って。

こーいう時、
他者ってほんとに都合がいいもんです。
イメージする相手の気持ちも、
相手の対応も、
すべて自分勝手に想像して、
自分の被害者っぷりを盛り立ててくれます。



また、
それとは逆のパターンの場合、

自分は悪いやつだ
自分は駄目な人間だ
自分はいつも人を傷つけてしまう

って、
自分を駄目な人間や
加害者にしたて、
過剰な罪悪感や
自己嫌悪を強化する
…そんなこともあります。


どちらにせよ、
なかなか消化できない出来事や相手は、
よくもわるくも自分の人生にとって強烈です。

なぜって、

“自分” 
というものを強烈に見せつけられるから。



未解決な学びは、
何度でも目の前に現れます。



自分の弱さ、
抱えている悲しみ、罪悪感、
怒り、恐れ、無価値や、自己評価の低さ…
などなど…、、、


それらを脇に置いて 
過ごそうと思っても、、、
そのもやもやは誤魔化すことはできない。


それを、
今年はすごく体感しています。





今は過去生や、
集合意識レベルでの浄化も続いているので、
もぉーよくわからない怒りや悲しみも
浮上しやすい時。


そういう時は、
関係ない人に怒りや悲しみを撒き散らしやすいので…笑)

…なるべく
一人になる時間をとるように心がけています。

そして、

悲しみが湧いてきたら、
悲しみとともにいて、そこから離れない。
怒りが湧いてきたら、
怒りとともにいて…じだんだ踏みながら?笑
感じきること。


“無理にポジティブになろうとしない、
なんとかしようとしない”
…ことが大切だと思います。



ポジティブになろうと 頑張ってる人ほど
みていて苦しいものはありません。




感情は、内臓とも深く関連しているので、
お腹を温めながら、食生活も整え、
“あたま”を過剰に働き続けさせることなく…

感情を“腹”で感じきることをお勧めします。

そして、

ちからをぬいて、
無理矢理ポジティブにならない、
なんとかしようとしない…


ことがますます問われていくんだろーな
と、感じる日々です。


studiolily