からだは自然そのもの

 

 

先週は東京、

静岡でセッションさせていただきました。

 

自分のからだをずっと嫌いって

思ってきたからもっと好きになりたい…。

女性として生まれてきたのに

それを全然楽しんでいない気がする。

思考が止まらなくて、

いつも悪いことばかり考えてしまう。

自分が本当は何をしたいのかわからない。

からだの不調が続いている。

新しいステージにむけて

からだのクレンジングをしたい。

本当にやりたいことをやるために

背中を押して欲しい。

 

……など

 

様々な思いを感じました。

 

どんな方も、

自分を大切にしたい、

幸せにしたい気持ちは同じ。

 

みんな“わたし”を楽しみたい。

 

 

だってせっかく

“わたし”で生まれたんだから、

もっているギフトを活かしながら、

瞬間、瞬間を味わいたいですよね。

 

☺︎

 

 

 

からだは、自分のものであるようで、

普段あまり意識することがないかもしれません。

 

すべてのものは自然から生まれました。

わたしたちも1つの単細胞(受精卵)から

100000000000000個の多細胞生物になり生まれます。

 

生命の、壮大な流れの先の

 

“今”

 

を、

体験している神秘を、

からだは教えてくれる…

感じさせてくれます。

 

 

毎日、止まることなく働いている心臓も、

脳や、胃や肺の働き、

何気なくする目の瞬き、

魅力的な手の動き、

 

数えあげたらきりがないくらい

 

わたしたちは、

自分の意思だけでは生きていない領域があります。

 

わたしたちは、生かされてるんですね。

 

 

 

 

 

今月、参加した瞑想会で、

印象的な言葉があったのでシェアします。

 

 

 

 

 

“あなたともっと仲良くなって 

 

友達になりたい。

 

いままで考えたこもとなかったけど、

 

あなたはいつも

 

わたしのために

 

ずっと働き続けてくれているよね。

 

それなのに

 

わたしは

 

一度もありがとうを伝えたことがなかった。

 

 

 

これからあなたのために

 

何かわたしにできることはありますか?

 

……”

 

 

 

 

自分自身のからだに

そう声をかけてみて下さい。

 

 

こころとからだは『身心一如』。

からだとの繋がりを取り戻すことは、

“あたま(思考)”の暴走を緩め、

自然とのつながりを呼び戻してくれます。

 

 

 

 

studiolily