子供の創造性

 

子供の創造性を守る… 

子供の創造性を守るとは、 

 

 

『子供の感覚を守ること』

 

 

子供が感じている方にからだを動かしていけるよう、

子供の「感じる力」を大切にすること。

 

それは、大人が伸ばす必要はまったくなく、

人は本来、その力を誰もが持っています。

 

大人は、子供のその「感じる力」を、
フリーズさせないように、
コントロールしないように、
子供の感情をとめないでください。

 

〝怒ること、泣くこと、悔しさ 、喜び…〟など
どの感情もとめることなく、
ありったけ心を動かして、自分の心の声に、
感覚に、従って生きていける子に。

 

一見ネガティヴに捉えがちな感情も、
めいっぱい感じることで勝手にリカバリーされ、
生きていくための必要な力になります。

子供の今を大切に、

そして、
周りの大人も理性や思考に従ってばかりではなく、
めいっぱい心を動かして人生を楽しみましょうー♩