内なる自分(インナーチャイルド)について

人の心理メカニズムのお話◎


 

わたしたちは、

絶対的な依存(他力)から

人生がはじまります。

この世に誕生した時、

誰かに食べものをもらわなくては

生きてはいけないからです。

 


そして、

ほとんどの場合、食べものをくれる人は

母親(授乳してくれる人)です。

 

 

子供にとって父親と母親は同じ親ですが、

食べ物をくれる母親に

どのような接し方をされるか?

されたか?

というのは、“自分の生存に関わる問題”だ

と、子供は本能的に感じるそうです。

 

 

 

その母親(食べものくれる人)との間に、

 


大切にされていない

愛されていない

わかってもらえない

構ってもらえない

 




と感じるような出来事が起こると

とても不安や恐れ、悲しみを抱きます。

その“不快”は、

生存のためでもあるのですが、、、

 


そのような出来事がおこると、

 

・わたしはきっとどうでもいい存在なんだ…

・わたしはいなくてもいい存在なんだ…

・わたしは愛される価値のない存在なんだ 

 

という具合に子供の未発達な脳は思い込み、

“生存に関わる問題”として、

肉体の生命維持を司る、

脳幹』に記憶されます。

 ※脳幹はもっとも古い太古の脳。

別名、爬虫類脳と言われています。

 

 

たとえ、




思考や理性を司る大脳新皮質で、

“構ってもらえないくらいで、

わかってもらえないくらいで、

死ぬわけないよなー”

と理解していても、、、

 



同じように、

 

・わたしはどうでもいい存在なんだ

・わたしはいなくてもいい存在なんだ…

・わたしは愛される価値のない存在なんだ

 

と感じる出来事がおこると、

脳幹はその刺激に反応し

ストレスレベルを急上昇させ

動物が天敵に遭遇した時のように、

 

戦うか逃げるか?

 

という臨戦態勢をとり

自分のいのちを守ろうとします。

大脳新皮質はもっとも新しい脳。

別名、人間脳。 

 

 

この反応は、

理性でコントロールできる領域ではありません。

 

 

 

 

 

 

幼少期にできた、


その、

 

・わたしはどうでもいい存在だ…

・わたしはいなくてもいい存在なんだ…

・わたしは愛される価値のない存在なんだ… 

 

等、生存に関わる思い込みは、

生きていくうえでとてもやっかいなものです。





人生の中で、

それを解放するような出来事が起こり、

その思い込みを

死ぬ気で乗り越えていくこともありますが…

 

脳幹にたまっている記憶は、

なくなることはないので、

ほとんどの場合、

同じ刺激を与えられると

死ぬまでその刺激に反応することになります。

 

 

その反応がおこらないようにするためには、

脳幹にたまっている記憶や思い込みを解放し、感情・体感覚・エネルギーレベルでの変化が必要です。

 

 

もし表面的な対処をしたり、


無理矢理コントロールして…

押さえつけようとした場合、

“うつ”になったり、

キレる 疲れやすくなる、

無気力になる…


などの症状を、

もたらすことになりかねないからです。

 

 

 

 

0~2歳の子供の内側では

こんなことが起こっています。

 

 

そして、

大人になったわたしたちのなかにも…

心の傷を抱えた子どもの頃の自分が

ちゃんといます。

それを、


内なる自分、



別名インナーチャイルドと呼ばれています。

 

 

 

 

studiolily

 

 

 

ものをつくること つくり手の意識



芸大に入ったばかりの頃、
大学内にある、ほったらかしにされた作品や、
ぐしゃぐしゃになった和紙、
ゴミ箱に捨ててある素材…などを見て、
複雑な気持ちになったのを覚えています。

わたしはここで、何をうみだそうとしているのかな?
…同じように不要となるものを増やすのかな?


いい作品ってなんだろー?!
創造するってなんだろー??!


望んで入った大学で、
いきなり自問自答だらけになりました。



そんな時、
こんな言葉に出会いました。




自然が このように
美しいものを用意しているのだから、
わたしは飾りもののような
不要なものはつくりたくない。
自然への畏敬の念を込めて、
環境を汚さない、
土に還る素材で、
自分に必要不可欠なものをつくりたい”





デザイナーの
故ヨーガンレールさんの言葉です。


今でこそ、同じようなコンセプトを発信している方も多くいますが、それを何十年もやり続けているブランドは余りないように思います。


ものだけでなく、情報も生き方も
あふれかえった社会が生きづらく、
住みにくくなって移住する方も今は増えているけれど…

変わる必要があるのは、


人の“意識”


どこに住んでいても、
自然への畏敬の念を持って生きている方は、
不要なものを生み出さず、
本当に必要なものを、
循環できるものつくりや、生き方をされています。


今、ものつくりをされている方は、
つくりだす時間と同じくらい
何を自分がうみだそうとしているのか?
自問自答しながら、
この世界にものをうみだしてほしいな…
と願います☺︎


f:id:lilyhorse:20170513092309j:image



故ヨーガンレールさんの遺作となったランプの作品は、
海のゴミを拾ってつくられていました。

“…ただ美しいだけのオブジェではなく、
もう一度、人の役にたつ実用的なものにかえましょう。”


そんな思いでつくられた、
この作品展に足を運び、
意識が変わったという方は大勢いたと思います。
わたしもその一人^_^



人、
一人の意識のあり方で、
周りの人や、
社会や環境にまで影響を及ぼすという事実を…
もっともっとみんなが気づいたら、
自分という存在を、
今とは違う視点でみることができるんじゃないかなー
と、、
そんなことを改めて思いました。




studiolily










食と性

先月、“医療と歴史・芸術と芸能・こころとからだ”という寺子屋に参加しました。

 

そこで、

東京大学医学部付属病院の稲葉俊郎さんから聞いた話やいただいた資料は、

とても興味深く、またすばらしいものばかりで…未だに消化できていません。。

 

 

その中で印象的だったのは、

くだとしての人体

人には植物意識が閉じ込められている…

というお話。

 

 

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で

生命の進化を体現しながら

この世に生まれてくるのですが…

それって改めて説明されると本当にすごい話です。

受精卵は一つの細胞から、

まず動物性臓器と植物性臓器へとわかれ

その後100000000000000個の(0いっぱい…)

多細胞生物へとなるらしいのですが、

私の中で、その『植物性臓器』というとらえ方が

…西洋的ではありますがとても印象的でした。

 

 

植物性臓器は人体の中心軸。

栄養を取り入れ、全身に配り、

生産物を出すことをする臓器。

 

 

動物性臓器はその補助であり、

外界の刺激を感覚で受け取り、

伝達させ表現する臓器。

 

 

その二つの性質の組み合わせで人体は成り立っている。

 

 

 

言われてみれば、

そーなんだって感じですが…、

 

 

人体の中心軸である植物性臓器…

=栄養+生殖(食+性)

 

 

これがやっぱり

生きるうえ土台であり、中心なんだなーって

感じました。

 

 

 

 

どんな人であっても、

生物としてとらえたら 差はほとんどなく、

だいたい同じだし

変わらない生き物なんだと思います。

 

だからこそ

ここを中心に産業は生まれるし、

支配関係も生まれてしまうし、、、

ここが調和していない状態というのは、

やっぱり…

心身の不調をうみだ一番の原因でもあるのではないでしょうか?

 

 

そして、

 

 

まっすぐに生きている木の姿に励まされたり、

植物の愛らしさに心が和らいだりするとき、

人は自分自身の内側にある

植物的な意識が何か受け取り、

本来の姿を思い出しているのかもしれません。

 

f:id:lilyhorse:20170513091900j:image 




最近は、中心である

栄養+生殖(食+性)の食に意識が高い人や

お店は増えてきたけれど、

やっぱり性への意識変革は

なかなか簡単ではないのかなーと

個人的にそうかんじています。

 

どんな出来事も、

『わたし』(自分)を知ることに繋がりますが、

それと同時に生きとし生けるすべてのものと繋がりを知ることであり、

やはり、人体はミクロコスモスなのだなー!

と感心しまくりの寺子屋でした。

 

 

こどものSOS はお母さんSOS

 
 

こどもが、熱だした、

 
こどもが、元気がない
 
こどもが、お友達をたたく
 
こどもが言うことを聞いてくれない
 
こどもがすぐ泣く
 
こどもの言葉使いが悪い
 
こどもが、
こどもが……。
 
 
 
……
 
……こどもは、
お母さんのお腹からでてきた。
 
 
お母さんのお腹から、
この世界にでてきた年数が、
まだ…少なければ少ないほど、
お母さんの内側に近いところに
住んでいる。
 
 
そんなの、
目にはみえないし、
目でみたら、
こどもは、“ひとり”でたってるように、
生きてるようにみえる。
 
 
でも、まだまだお母さんの内側にいる。
 
 
だから、
こどもは、お母さんのことがよくわかる。
 
お母さんが、今、
何を感じているのか?
何を思っているのか?
どんなことを頑張ってて、
どんな苦しい思いを抱えているのか?
どんな時に笑ってくれるのか?
 
こどもは、よく知っている。
 
口には出さないけれど、
こどもは、
お母さんのことを、
お母さんよりも知っている
 
 
 
そして、
お母さんの様子を
よく写し出してくれます。
 
それは、とても無意識に。
 
 
こどもの苦しみは、お母さんの苦しみ。
こどもの悲しみは、お母さんの悲しみ。
こどもの喜びは、お母さんの喜び。
 
 
こどもは、お母さんが大好き。
 
 
それは、幾つになっても。
 
 
あんな母親……、
 
 
そう思ってはいても、
そう口にはだしたとしても、
心の奥深いところでは、
 
いくつになっても、
母親というのは、
特別な存在。
 
 
切り離そうとするのではなく、
お互いが“ひとつ”であった時を思い出すといい。
 
目にはみえない距離や、
関係であってもいい
 
 
それでも、“ひとつ”であった
 
 
そのあたたかさに包まれたところから、
こどものこと、
そして、自分の母親のことを
感じてほしい。
 
 
 
母子の心の平和、
幸せは、
世界の平和につながっていくもの。
 
 
 まるく あたたかい そんなものであってほしい。
 
 
 
 
 

f:id:lilyhorse:20161219143005j:plain

 
 
 
 ホリステックセラピーsalon studiolilyHP
http://studiolily1217.wixsite.com/studio-lily
 
 
 
 

 冒険するように楽しみたい

 

 

私が、初めてhealingというものを行っている場所へ予約した時のこと。

 

f:id:lilyhorse:20161223174238j:plain

それは、この写真を見て、

なんだかよくわからないけどすごくわくわくした。

うわぁーーー

なんか、綺麗だなぁ〜!

 

 

これなんだろう?

 

 

ヒーリングって何するんだろう?

 

『覚醒のフィールド』?

…って何するんだろ…

 

セッションの説明を読んでもよくわからない。…でも、まるで、冒険物語の本の中にでてくる、魔法使いとの出会いのような、ちょっと怖くて、新しい世界の匂いがした。

 

説明には、

聞いたこともない言葉が沢山並んでいる。

ちょっと値段高いけど、

なんか楽しいそうだし、

 

今の自分に必要な気がする。

 

こんな感覚で、私は、

はじめてhealingというものを

体験することにしました。

 

 

生きていると、

自分だけでは、なんともならない時がある。

考えたって自分の中をぐるぐるするだけだし、人に答えをもらったって、なんだか腑に落ちない…。

 

でも、

 

今の自分の枠を超えないと、

これ以上は進めない。

 

 

そんな時ってないですか?

 

 

今までのパターンではなんともならない時。

それは自分のフィールドを広げていく時。

 

 

私の場合は、

この世界の扉を開いた。

 

 

 

『覚醒のフィールド』では、

本来の自分自身の再発見の“旅”をテーマにして、男性と女性のセラピストさんが、様々なhealingをしてくれました。

 

 

4枚のカードを引き、

そのカードに沿って、

4回のhealingを一年かけて…

それは、自分の内側を旅するように。。。

オイルマッサージや、

ラニオセイクラルワーク、

をしてもらいました。

 

 

自分の内側に向きあうこと…

それは、

向きあってこられた方なら

よくわかると思いますが、、

 

自分の内側に向き合うこと、、

本当の自分に出会うこと、、

それは、

 

 

とにかく怖い。

 

 

だから、とっても勇気がいる。

 

いままでの安心、安全な場所から

新しい場所へ旅立つ時のような、

不安と期待が入り混じるような。

そんなドキドキした感じ。

 

でも、わたしは、その感覚が好き。

 

自分の知らない世界、

未知なもの、神秘的なもの、

この世界には、まだまだ私の知らない、

ことがある。

 

 

healingや、セラピーっていうと、

なんだか怪しい感じがするのかもしれません。

いや、実際怪しいんです笑)

 

魔法使いの家に入り込んだみたいな感じ。

 

そこで何がおこるかは、

セラピストにも本人にもわからない。

そんな世界。

 

でも楽しいですよ。

 

出会ったこともない自分に、

会えるかもしれません。

自分はこんな人だ…と、思い込んでいたのに、

その自分とはまったく違う自分に出会うかもしれません。

 

自分の想定内の範囲からでてみる。

そして、そこから世界を見てみる。

 

そうすると、世界は、

いつでも新しい冒険に満ちていて、

一生かけても、見きれないほどの、

素晴らしい景色が 

きっと広がっている!!!

 

 

 

……………あぁ、

 

想像してたら、

どこかへいきたくなってきました◎

 

 

 

 

昨日、覚醒のフィールドの

最後のセッションが終わったとき、

私は、最初に訪れた時とは

全然違う自分になっていました。

みえる世界も、世界に立っている自分も、

新しい。

 

セラピストのお二人から、

最後に素敵な一輪の花をいただきました。

そして、

“これからも 素敵な旅を続けてくださいね”

 

そう声をかけていただきました。

 

 

すごくうれしかった。

 

 

 

生きているって、ほんと旅だと思う。

 

 

これから向かうところはどっちにしようか…?

私はただ今、新しい道を模索中です。

 

 

 

 皆さんは、2017年から始まる、

新しいサイクルをどう過ごしていきますか?♡

 

 

 

 

 

※覚醒のフィールドに興味がある方

studioUNUSさん 

http://www.banyantree8.com/

本当に素晴らしい、

私の敬愛するお二人のhealingstudioです。

ご縁を感じた方は是非、足を踏み込んでみてください~